乳がん治療の名医
   乳がん治療の権威と呼ばれる名医が検査や手術、検診から転移まで諸問題を解決する。

 スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 乳がんと石灰化

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がん石灰化が生じることがありますが、これは乳腺の中で壊死した癌細胞にカルシウムが沈着したものですが、石灰化は乳がんではない場合にも起こるものです。したがって、良性であるか悪性であるかの判断を下す必要があり、良性の場合には特に治療を行わないことが通常です。マンモグラフィーによって石灰化が見つかった場合で、画像から良性かどうかの判断ができない場合には、マンモトーム生検を行います。マンモトーム生検は乳腺組織の石灰化を含んだ部分を採取して組織検査を行うことによって、それが良性か悪性かの診断を行うものです。以前に行われていた検査では切開面が大きく、採取する乳腺組織も大きくなってしまっていのたですが、マンモトーム生検なら切開の範囲も4ミリ程度と小さくて済みます。

大部分は良性なのですが、もし乳がんによって石灰化が生じているのであれば、治療が必要になります。手術やホルモン療法などを用いて専門医と完治を目指すことになりますので、今後の方針についてしっかり説明を聞いておきましょう。石灰化は乳がんであることを必ずしも表していないということは覚えておいてください。

copyright © 2005 乳がん治療の名医 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。