乳がん治療の名医
   乳がん治療の権威と呼ばれる名医が検査や手術、検診から転移まで諸問題を解決する。

 スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 乳がんの転移

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がん転移すると、それだけ治療が難しくなるのですが、病巣が小さいうちから転移を始めることがあるため、実際には珍しいことではありません。乳がんが骨転移をすると腰や肩の痛みとして自覚できる症状が起きる場合もありますし、他に肝臓や肺、リンパ節などが転移の起こりやすい部位となります。

治療の際にも転移の有無は考慮されます。いくら名医でも、すべての箇所について手術によって切除することができるわけではありません。したがって、原発巣とともにリンパ節郭清(病巣の周囲のリンパ節も一緒に切除すること)を行う場合もありますが、乳がんが転移した部位によっては、他の治療法を用いることになります。たとえば、骨転移がある場合に放射線治療を行うことが一例です。

他の癌と同様に、乳がんも転移によって危険度が増します。したがって、他の部位にまで広がる前に治療を行っておきたいところですが、実際には発見時には転移していることもありますので、その場合には他の部位も含めて対応を考える必要があります。

癌細胞が原発巣にとどまっている場合の方が生存率は高く、完治の見込みも大きいとはいえ、それは絶対的な基準ではありません。名医と相談することで希望が見つかることもありますし、十分に説明を受け、今後の対応を検討しましょう。

copyright © 2005 乳がん治療の名医 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。