乳がん治療の名医
   乳がん治療の権威と呼ばれる名医が検査や手術、検診から転移まで諸問題を解決する。

 スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 名医と末期乳がん

ガン治療に最も効果的な食事法

名医にとっても末期乳がんは悩ましい問題だ。
腫瘍を手術によって摘出できる段階でもないし、完治させることが難しい患者と接していると落ち込んでしまうのは今でも変わらない。
たとえ抗がん剤や放射線治療の副作用に患者が苦しんでいても、完治が見込めるなら励ますこともできる。
しかし、名医でも末期乳がんを根治に導くことは難しく、延命やQOLの向上を目的とした治療となると、患者の気落ちが伝染してしまうこともある。
手術によって乳房を失うことになった患者を説得するのも同性として心苦しいが、末期患者には死が近づいているという悲壮感がある。

手を尽くして治療をしても、すでに癌細胞が転移してしまっていると、根治させることは難しい。
末期乳がんの特徴からすれば仕方がないこととはいえ、名医には割り切れない思いがある。
いくら自分の責任ではないとはいえ、病魔によって死期を迎えようとしている患者を見守るのは辛いものだ。
だからといって、末期乳がんの患者から逃げ出すわけにもいかない。
そんなことをすれば、十分な医療を受けられないことで、ますます寿命が縮む女性が増えてしまうからだ。
辛い治療の果てにあるのが死であることを告知することは気が重いものだ。
いくら多くの末期乳がんの治療に当たってきた経験があるとはいえ、その心理的な負担が消えることはない。
命と向き合う仕事を続ける限り、名医にとっては常に生死を見極めていく日々が続いていく。
そこには達観した姿はなく、1人の苦悩する人間の姿がある。
死に対する意識が失われていく病院にあって、名医はいつまでも人の死に馴れることがない。

copyright © 2005 乳がん治療の名医 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。