乳がん治療の名医
   乳がん治療の権威と呼ばれる名医が検査や手術、検診から転移まで諸問題を解決する。

 スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 名医の乳がん手術

ガン治療に最も効果的な食事法

名医から乳がん手術を受けることにより、できるだけ体を傷つけることなく、根治を目指したいと願う人は世の中にたくさんいる。
大きく分けると、手術には乳房切除術と乳房温存手術があり、後者を希望する患者が多い。
ただ、どちらの方法を取るにしても、名医とはいえ乳がん手術で必ず治療できるというわけではない。
症状によっては、やはり完治ができない場合もあるし、転移が認められればなおさらだ。
乳房切除術は胸筋温存乳房切除術と全乳房切除術があり、胸筋温存乳房切除術は乳房を切除するものの、両胸筋を残すもので、一般的な方法として採用されている。
基本的には乳房を全て切除して行う。
全乳房切除術は広範に広がった症状のときに使われることの多い方法だ。
どちらの方法にしても、乳房を残してほしいという患者にとっては避けたい乳がん手術の方法ということになる。

乳房切除術に対して、乳房温存手術その名の通り、乳房を残すことができるという意味で、多くの患者の希望にかなったものと言える。
乳房温存手術は腫瘤摘出術、乳房円状部分切除術、乳房扇状部分切除術に分類される。
腫瘤摘出術はしこりを切除するもので、乳腺の損傷が小さなものになる。
まだしこりが小さなうちに使われる方法だが、切除の範囲が狭いため、がん細胞を取り残すリスクがある。
乳房円状部分切除術は、しこりに加えてその周辺の乳腺を含めて切除しするため、腫瘤摘出術と比べると広い範囲に切除が及ぶ。
ただし、それでも残った乳房にがん細胞が残されているリスクは残る。
乳房扇状部分切除術は乳房温存手術の中で切除の範囲がもっとも広範に及ぶもので、しこりとその周囲の乳腺組織を、乳頭を中心にして切除する。

総合的に言うと、切除の範囲が限定されるほど、胸の状態は保つことができるものの、がん細胞を取り残す可能性が高くなる。
そのため、乳がん手術にあたり、自分が重視するものが何であるのかをしっかり見極めておくことが必要だ。
小手先の議論で足りるものではなく、人生観を問うものになるだけに、名医といえどもあまり突っ込んだ会話はしづらいところがある。
他人のデリケートな悩みに土足で踏み込む図々しさがあったほうが、業務上は円滑に進むのかも知れないが、正確は簡単に変えることができるものではない。
乳がん手術で完治したいというのも、元の胸の形を残したいというのも、女性としては極めて当然の願いであって、どちらかを犠牲にしてよいという性質のものではないだけに、名医の苦悩も深い。

命を救うためには、乳がん手術で切除を余儀なくされることもあるが、それで助かった患者の複雑な表情を見ると、本当にそれが正しい判断だったのか、確信が持てなくなる。
人間は言葉によって高度な意思疎通をできるように進化してきたが、それとても万能ではない。
むしろ稚拙な会話で思いを伝えられないことなど多々あるし、自分の気持ちをうまく言葉としてまとめられないことなどいくらでもある。
人生観を端的に語れる人の方が少数派だろう。
診察をしていて、患者と真正面から向き合っているつもりでも、言葉にならない想いを汲み取ることができないでいることに、名医は苛立ちを感じていた。
もしかしたら、今まで行ってきた乳がん手術は、最適な方法ではなかったのではないかという疑いが鎌首をもたげては、背筋が凍るような思いをする。

症状から考えて乳房切除術を採用してきたケースであっても、乳がんを乳房温存手術と放射線治療や化学療法と組み合わせることにより、患者の尊厳を守ることができたのではないかという疑念は尽きることがない。
唯一正しい解答があるわけではないと頭では理解しているが、気持ちまで簡単に割り切れるものではない。
そんな姿を見て、十分に患者と話し合って選んだ道なのだから、それでいいのではないかと助言をくれる同僚もいる。
たしかに、医学に絶対的な解決策があるわけではないし、症状が深刻になるほど患者と共に選択を迫られる場面は増え、人生を大きく変えていくことにもなる。
どこかで見切りをつけなくては、乳がん手術は今後も続くのだから、抱えきれなくなってしまう。
迷いが名医の許容量に近づいていることは自分でも意識していたし、深刻な事態には違いない。

それでも同僚が進めるように、過去を振り返らないでいるのは不可能だった。
過去に乳がん手術をした患者からお礼状が送られてくることもあり、喜ぶと共に他の患者のことが心配にもなる。
記憶が残っている限り、未来だけを見て生きていくことなどはできないのだろう。
力が及ばずに命を救えなかったことや、一命は取り留めたものの、術後の自分の体を見て愕然とした患者の表情は脳裏を離れることはない。
夢にうなされることもあるし、乳がん手術を他の医師に任せてしまいたい気持ちもあるが、もしそれを実行したなら、ひどい自己嫌悪で病院勤めを続けることさえできなくなってしまいそうな気がした。

乳房温存手術が今よりも進化して、患者の体を傷つけることなく、完治を期待できる治療方法が開発されれば、問題は解消する。
副作用の少ない抗がん剤や放射線治療で得られる効果は限定的なのが現状だが、それが進化したスタイルになるか、あるいは画期的な手法が提案される日だってくるかもしれない。
多くの研究者が今日も研究しているのだから、十分にありえる話だ。
そんな期待が、名医に多少なりとも安らぎを与える。
乳がん手術を必要としなくなるほどに高度な医療が普及すれば、患者にとっても利益になるし、医師としても悩みが減ることになる。
多少現実逃避な期待ではあるが、過酷な現実と向き合い続ける名医にも、片時の急速は必要だ。

そして名医は乳がん手術において最善を尽くすため、研鑚を欠かすことなく今日を生きる。
自分の能力に限界を感じても、その天井を突き破るため、賢明に患者と向きあう。

copyright © 2005 乳がん治療の名医 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。