乳がん治療の名医
   乳がん治療の権威と呼ばれる名医が検査や手術、検診から転移まで諸問題を解決する。

 スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 乳がんの放射線治療

ガン治療に最も効果的な食事法

手術やホルモン療法、抗がん剤による化学療法と並んで、放射線治療乳がんの症状改善における有力な選択肢です。したがって、どのような方法で取り入れるかによって、予後の経過にも影響が出ます。たとえば、術後に放射線治療を行うことによって、切除しきれなかった微細な癌細胞を死滅させ、再発を予防することができます。せっかく手術を行っても、乳がんが再発してしまえば闘病生活を再開しなくてはなりません。そのリスクを放射線治療によって小さくすることができるのは、大きな助けになります。

また、術前にしこりを小さくする目的で放射線治療を行うことがあります。術前化学療法が行えない場合もありますので、それに代わる手段として、大きな役割を果たします。また、転移してしまった場合、放射線治療で乳がんが転移した部位の状態を改善することもあります。脳や骨に転移している場合、脳では頭痛や悪心、骨では骨の痛みや骨折を引き起こすことがありますので、そうした症状を緩和させる役割を果たすのです。

ただし、乳がんに放射線治療を用いる場合には、副作用があることも考慮しておかなくてはなりません。副作用には、治療中や終了直後に現われる急性障害と、終了後半年以上経ってから生じる晩期障害があります。ただし、晩期障害は頻繁に現われるものではありませんので、過剰に不安視しない方がよいでしょう。

また、妊娠している方は他の方法を検討することになります。放射線治療は全ての乳がんの患者さんに用いることができるわけではないことに注意してください。


copyright © 2005 乳がん治療の名医 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。