乳がん治療の名医
   乳がん治療の権威と呼ばれる名医が検査や手術、検診から転移まで諸問題を解決する。

 スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 乳がんとホルモン療法

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がんホルモン療法を用いることは、転移や再発があった場合の有力な選択肢となります。一般的には、ホルモン療法を行ってから、効果がなくなったところで化学療法に切り替えます。ホルモン療法に使う薬剤にはいくつかの種類があり、長期の使用によって効果が薄れていくため、効き目が弱くなった段階で別の種類の薬剤に替えます。そして、副作用が出たり、効果がなくなってきたりするまで新しい薬剤の投与を続け、替わりとなる薬剤がなくなったところで、乳がんにホルモン療法を用いるのをやめて、抗がん剤に変更するのです。

転移や再発後の乳がんにホルモン療法を用いる場合には、閉経前ならLH-RHアナログとタモキシフェン(抗エストロゲン剤)を併用し、効果が弱まるとLH-RHアナログとアロマターゼ阻害剤の併用剤が行われることが標準的です。閉経後ならアロマターゼ阻害剤が第一の選択肢となります。ただし、過去にホルモン療法で乳がんの治療を行っていた場合にはそのことも考慮されますし、患者さんによって個別の事情もありますので、必ずしもこの通りに進むことばかりではありません。

また、転移や再発の場合だけがホルモン療法の対象となるわけではありません。再発予防のためにも使われます。治療期間が長期に及ぶことが多いので、生じる可能性がある副作用についても正しい知識を持っておきましょう。一般に、乳がんにホルモン療法を使う場合の副作用は、抗がん剤の場合よりも軽いものとされていますが、それぞれの薬剤によって、無視できない副作用が出ることもあります。どの薬を使うかによって、予想される症状は決まってきますので、必ず専門医に確認しておきましょう。また、長期に及ぶと言うことは、それだけ治療費もかさむということですので、その点についても大まかな計画を立てておいた方が良いと思います。

copyright © 2005 乳がん治療の名医 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。