乳がん治療の名医
   乳がん治療の権威と呼ばれる名医が検査や手術、検診から転移まで諸問題を解決する。

 スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 乳がんと抗がん剤

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がん抗がん剤を用いることによって、手術やホルモン療法、放射線治療を単独で用いる場合よりも効果を高めることが期待できます。抗がん剤による化学療法を単独で用いることもありますが、他の治療法と組み合わせることで、より一層の効果を期待できる場合が多々あります。乳がんの抗がん剤は研究が進められており、トラスツズマブのように、新しいものも登場しています。

以前よりも副作用が少なく、効果が高い抗がん剤も登場していますので、有力な選択肢の1つとして、症状を改善する上で欠かせないのが化学療法です。手術を行える場合でも、乳腺組織以外へ癌細胞がこぼれ落ちていることを警戒して、術前や術後に抗がん剤を用いることで、乳がんの再発や転移を予防するために効果を得ることができます。このように、手術をサポートするという役割においても、重要な地位を占めています。

多剤療法といって、2,3種類の抗がん剤を乳がんに使うことが多いのですが、この方法だと、症状に対する効果は向上させながら、副作用は抑えることができます。また、副作用を抑える薬もできていますので、以前と比べると、化学療法は危険が少なく、それでいて有効なものに進歩しているということができるでしょう。

今後の研究によって、乳がんに効果のある抗がん剤は増えていくでしょう。ただし、多くの種類がある中で組み合わせを決めていくことになるので、患者さんの体質や症状の程度、転移の状態などの諸条件にあった最適なものを処方してもらうことが大切です。そのためには、優秀な専門医を主治医にすることが欠かせません。道具が揃っても、それを十二分に使いこなすことができなければ、宝の持ち腐れになってしまうのです。

copyright © 2005 乳がん治療の名医 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。