乳がん治療の名医
   乳がん治療の権威と呼ばれる名医が検査や手術、検診から転移まで諸問題を解決する。

 スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 乳がんの再発

ガン治療に最も効果的な食事法

せっかく治療しても乳がん再発してしまえば、闘病生活に引き戻されることになります。患者さんとしては、このような事態に陥ることは避けたいところです。再発を予防することと、もし避けられなければ治療を行うこと、この2つが要点になります。

まず、乳がんの再発を予防する方法です。これには手術の際に行う腋窩リンパ節郭清や術前・術後の放射線治療、化学療法、ホルモン療法などがあります。病巣の周辺のリンパ節にがん細胞が残されていれば、それが再発の原因になりかねませんので、腋窩リンパ節郭清によって疑われる範囲のリンパ節も切除します。また、細かく散らばったがん細胞に対する処置として、放射線治療や各種の薬物療法が用いられます。これらを組み合わせることによって、手術を単独で用いるよりも術後の経過を良好にすることが期待できます。

しかし、それでも乳がんが再発してしまうことはあるものです。およそ30%の方が再発が治療後に再発するとされていますので、およそ3人に1人の割合になります。決して少なくない割合であることが分かります。したがって、専門医から指定された定期検査の頻度は、必ず守ってください。検査を受けなかったために発見が遅れてしまうと、それだけ発見後の治療が難しくなります。

乳がんが再発したあとにおいても、当初の場合と同じように早く見つけることで症状の改善の見通しは良くなります。手術を行える状態であれば病巣を切除することもできますし、手術が無理なら放射線治療や抗がん剤、ホルモン療法、分子標的療法などを用いることもあります。手を打たないでいると、遠隔転移が進んでしまうこともありますので、必ず予後の経過は慎重に見守るようにしましょう。

copyright © 2005 乳がん治療の名医 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。