乳がん治療の名医
   乳がん治療の権威と呼ばれる名医が検査や手術、検診から転移まで諸問題を解決する。

 スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 乳がんとホルモン療法

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がんホルモン療法を用いることは、転移や再発があった場合の有力な選択肢となります。一般的には、ホルモン療法を行ってから、効果がなくなったところで化学療法に切り替えます。ホルモン療法に使う薬剤にはいくつかの種類があり、長期の使用によって効果が薄れていくため、効き目が弱くなった段階で別の種類の薬剤に替えます。そして、副作用が出たり、効果がなくなってきたりするまで新しい薬剤の投与を続け、替わりとなる薬剤がなくなったところで、乳がんにホルモン療法を用いるのをやめて、抗がん剤に変更するのです。

転移や再発後の乳がんにホルモン療法を用いる場合には、閉経前ならLH-RHアナログとタモキシフェン(抗エストロゲン剤)を併用し、効果が弱まるとLH-RHアナログとアロマターゼ阻害剤の併用剤が行われることが標準的です。閉経後ならアロマターゼ阻害剤が第一の選択肢となります。ただし、過去にホルモン療法で乳がんの治療を行っていた場合にはそのことも考慮されますし、患者さんによって個別の事情もありますので、必ずしもこの通りに進むことばかりではありません。

また、転移や再発の場合だけがホルモン療法の対象となるわけではありません。再発予防のためにも使われます。治療期間が長期に及ぶことが多いので、生じる可能性がある副作用についても正しい知識を持っておきましょう。一般に、乳がんにホルモン療法を使う場合の副作用は、抗がん剤の場合よりも軽いものとされていますが、それぞれの薬剤によって、無視できない副作用が出ることもあります。どの薬を使うかによって、予想される症状は決まってきますので、必ず専門医に確認しておきましょう。また、長期に及ぶと言うことは、それだけ治療費もかさむということですので、その点についても大まかな計画を立てておいた方が良いと思います。

 乳がんと抗がん剤

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がん抗がん剤を用いることによって、手術やホルモン療法、放射線治療を単独で用いる場合よりも効果を高めることが期待できます。抗がん剤による化学療法を単独で用いることもありますが、他の治療法と組み合わせることで、より一層の効果を期待できる場合が多々あります。乳がんの抗がん剤は研究が進められており、トラスツズマブのように、新しいものも登場しています。

以前よりも副作用が少なく、効果が高い抗がん剤も登場していますので、有力な選択肢の1つとして、症状を改善する上で欠かせないのが化学療法です。手術を行える場合でも、乳腺組織以外へ癌細胞がこぼれ落ちていることを警戒して、術前や術後に抗がん剤を用いることで、乳がんの再発や転移を予防するために効果を得ることができます。このように、手術をサポートするという役割においても、重要な地位を占めています。

多剤療法といって、2,3種類の抗がん剤を乳がんに使うことが多いのですが、この方法だと、症状に対する効果は向上させながら、副作用は抑えることができます。また、副作用を抑える薬もできていますので、以前と比べると、化学療法は危険が少なく、それでいて有効なものに進歩しているということができるでしょう。

今後の研究によって、乳がんに効果のある抗がん剤は増えていくでしょう。ただし、多くの種類がある中で組み合わせを決めていくことになるので、患者さんの体質や症状の程度、転移の状態などの諸条件にあった最適なものを処方してもらうことが大切です。そのためには、優秀な専門医を主治医にすることが欠かせません。道具が揃っても、それを十二分に使いこなすことができなければ、宝の持ち腐れになってしまうのです。

 乳がんの生存率

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がん生存率を全がん協加盟施設が協同調査で発表した数字について示しておきます。なお、病期に分けられていますので、数字が増えるほど末期に近づいていると考えてください。

乳がんの5年生存率
ステージⅠ:98.2%
ステージⅡ:91.5%
ステージⅢ:67.8%
ステージⅣ:31.5%

病院によっても数字は変わってきますので、すべての病院でこの数字が当てはまるわけではありません。アメリカの研究では、乳がんの手術数が多い病院の方が、手術数が少ない病院よりも生存率が高いという結果も得られています。多くの患者さんの治療を行っていれば、それだけ経験も積んでいるわけですから、理に叶った研究結果であると考えられるでしょう。これまでに治療を多く行っていない病気を担当することになれば、技術や判断に不慣れなところが出てしまうことは容易に想像できます。

したがって、生存率を高めるための1つの方法として、病院選びを慎重に行うということがあります。名医がいる病院と、ヤブ医者が主治医になる医療施設では、乳がんの生存率にも影響が出るのは当然のことでしょう。どこで検査を行うか、そして症状の改善のために治療を受けるかは、患者さんに選択の権限があります。これまでの実績や評判を気にしないのでは、その権限を十分に行使していないのと同じことです。

生存率は乳がんの現実を映し出す鏡のような存在です。命に関わる問題であることは、上記の数字を見ても分かるでしょう。初期症状であれば治ることが多いものの、末期に向かうにつれて死亡する患者さんが増えてしまっています。早期発見が重要であるということはピンクリボンキャンペーンなどでも声高に叫ばれていますが、その意味は生存率を見ても分かるでしょう。早い段階で検診を受けて発見することができれば、助かる可能性が高いのです。

すでに発症が確認された以上は、より高いレベルの医療を受けるためにも名医を見つけ、完治を目指していきましょう。

copyright © 2005 乳がん治療の名医 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。