乳がん治療の名医
   乳がん治療の権威と呼ばれる名医が検査や手術、検診から転移まで諸問題を解決する。

 スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 名医の乳がん検診

ガン治療に最も効果的な食事法

名医は乳がん検診にあたり注意するのは、症状や転移だけではない。
病気であるかどうかを確認しに来ているのだから、その点について正確な判定をすることはかかせないが、それが彼女の仕事のすべてではないのだ。
戸惑いながら乳がん検診に来ている人に対し、名医は相手の気持ちをいかに楽にすることができるかを考える。
これは普段の治療の時と同じことで、ただ肉体だけを治せばそれでいいという考えの医師とは一線を画す要素だろう。
当初はこのような場面なら、患者はどのような気持ちだろうかと想像しながら親身になろうとしていたが、それを繰り返すうちに、相手の気持ちに立つことは癖のようになっている。
病院に足を運ぶのは面倒なことだし、気が進むものではないのにわざわざ乳がんの検診に来ているのだから、その気持ちに応えたいというプロ意識が名医を動かす原動力になっている。

業務は多忙だし、治療を待つ患者もいる。
仕事の効率という面で言えば、事務的に業務を進めたほうがよいのだろうが、ベルトコンベアに乗って流れてくる機械の部品のように命も感情もある患者を扱うことなどできないというのが名医のモットーであり、時には上層部と衝突することもあったが、今では一応の理解は得られているようだ。
その姿勢は乳がん検診のみではなく、治療や手術の際にも貫かれているし、多少口出しをしても矯正できるものではないというのが上層部の見解であり、確実な治療で病院の評判を挙げている彼女に病院を去られるのは得策ではないこともあり、苦々しく思いながらも黙認しているというのが現実である。
それは関係者であれば周知の事実で、腫れ物に触るように誰も直接口にはしない。
教授の覚えがよくないと忠告したところで、名医はそんなことは意に介さずに乳がん検診の分析に頭を働かせていることが分かっているからだ。

もしも普通の企業に就職していたら、典型的なキャリアウーマンになっていたのだろうというのが、同僚からの評判だ。
若い女医ほど彼女に憧れる傾向があるが、経験を積んでいくうちに仕事人間としての彼女の姿勢に疑問を感じ、自分はもっと趣味や恋愛を楽しみながら暮らしたいという方向へ転換していく。
名医としても、他人に対して四六時中、乳がんの検診や治療のことばかり考えているように要求するつもりはない。
患者が転移や症状の悪化に悩んでいるのには心を痛めるが、他の女医や看護士には、彼女達の生き方があると思うし、それを尊重するつもりまではないにしても、図々しく介入する気はなく、仕事さえきちんとこなしていれば文句を言うつもりはない。
医学の道を追求していくことは、職人芸の部分があり、自分の全身全霊を傾けなくてはならないのだから、そのつもりがない人間に強要したところで、お互いに利益にはならないだろう。

乳がんの検診を終え、ほっとした表情を浮かべる人もいれば、正式な結果ではなくてもいいので診断結果を聞きたいという人もいる。
名医としても軽率なことは立場上口にできないので、さしさわりのない範囲で誠実に答えるように心がけているが、やはり正確な結果はその場では出すことはできない。
きっと家に帰ってからも不安になってしまうのだろうと想像すると、一日も早く結果を通知して気持ちを落ち着かせてあげたいと思うのだが、なかなか現実がついていかないことは焦りや苛立ちの原因にもなっている。
そんな時、乳がん検診や治療のことなどすっかり忘れてプライベートを満喫しようとしている同僚が、嬉々として帰ろうとしているのを見ると引き止めたくもなるが、勢いだけで行動するほど、彼女も未熟ではない。
そんなことをしたところで、院内の空気は悪くなり、結局仕事がしづらくなるだけなのが分かっているので、喉まで出かかった言葉を飲み込み、腹に収める。
今まで、どれほど多くの愚痴や叱責を自分の胸のうちにしまってきたか知れない。

自分も、もっと気楽に乳がん検診や手術のことを捉えられたら余裕ができるのだろうと考えることは名医にもある。
この生き方は精神を張り詰めたものになってしまうし、あまり精神衛生上良いともいえない。
いくら総合病院に勤務しているとはいえ、同僚の精神科医に診てもらうようなことになれば、悪い噂があっという間に広まることは火を見るより明らかだ。
命を預かる現場とはいえ、病院にも噂話に花を咲かせている関係者はいるし、普段検診や乳がんの治療のことしか考えていないという陰口も叩かれていることを知っているだけに、名医が精神科にかかれば、やはり精神を病んでいるという嘲笑が待っているだろう。
強い女になりたいと願っているわけでもないが、やはりそのような噂が立つのは不本意だ。

周囲が思っているほど、彼女も自分のライフスタイルに自信を持っているわけではなく、とくにこだわってもいない。
ただ、乳がん検診に立ち会えばそのことが気になるし、新しい治療法や手術の方法が発表されれば勉強しておきたくなる。
そうしているうちに、いつの間にか仕事の比率がプライベートを圧迫するほどに肥大してしまうのだ。
この状況を楽しんでいるどころか、どうにかして負担を減らして健康的な暮らしにしたいとは常々考えているところで、実現の目処さえ立たないことが彼女にとって悩みの種にもなっている。
それは同僚の知らない彼女の一面であった。

特別プロ意識が低いとか、職業倫理に問題がある病院だとは名医自身も思ってはいないが、自分のストイックな姿勢に比べると、同僚は気楽に見えてしまう。
検診を受けに来た人が、乳がんと告知される際の気持ちを本当に想像して接しているのだろうかと不審に思うこともあるが、できるだけ言葉や態度にはしないようにしており、そのことが周囲に対する無関心として誤解されてしまっている部分があるのだが、もはや弁解するような段階でもなく、長年染み付いているイメージだけにそのまま見過ごすしかなかった。
名医の仕事に対しては誰もが一目置いていたのだから、業務上は支障が出ない。
乳がん検診にしても、患者を不安にさせるような険悪な雰囲気を流すものはいないのだから、彼女もよしとしていた。

copyright © 2005 乳がん治療の名医 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。