乳がん治療の名医
   乳がん治療の権威と呼ばれる名医が検査や手術、検診から転移まで諸問題を解決する。

 スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 名医の乳がん治療

ガン治療に最も効果的な食事法

名医は乳がん治療について悩んでいた。
検査結果からすると、手術を早めにするのがセオリーと呼べるところまで症状は進行しているが、患者は抗がん剤の投与を希望している。
肉体的な問題だけではなく、できる限り希望に添えるように処置を行った方が、患者のためであることは疑いようがない。
しかし、名医としては乳がん治療の方法を間違えると、症状が一層悪化してしまうということを怖いほどによく知っているだけに、一時的な感情に流されて患者が後になって苦しい思いをすることも避けたいのだ。
すでに検査結果は出ているのだから、後は定石どおりの対応をすればいいと考える同僚もいるが、目の前の病気だけではなく、人生そのものを改善することをモットーとする以上、そのような安易な妥協をすることは信念に反していた。

決断を先延ばしにしてしまえば、症状は進行してしまう。
こうして検査は終わっている以上、名医として乳がん治療の方針を早い段階で決め、患者に納得いくような説明を行わなければならない。
思案が頭の中を駆け巡り、心の平安はすでに消え去っていた。
こういった悩みを抱えたとき、いつだって睡眠不足に陥り、浅い眠りに入っても夢にまで仕事のことが出てくることもしばしばだ。
損な性格だとは分かっているが、生まれついてのものだから仕方が無い。
もっと流れ作業のように乳がん治療を行えるようになれば楽なのだろうとは思うが、名医にそんないい加減なことができるはずもない。
他の患者の検診や手術を終えてから、学界の最新理論に目を通してその動向をしっかりと見極める。
どうやら、今のところ習得すべき技術はないようだと判断し、論文を書いているのがかつてあったことのあるイギリス人であったことに気付いて、そのときのことを思い出した。

まだ冬の寒さが抜けきらないロンドンで、権威ある研究者や名医が乳がん治療についての討論を交わすために集まったのは3年前だろうか。
理知的な雰囲気の眼鏡をかけた研究者が論文の起票者であった。
どこか無邪気な印象が抜けきらないその男は、いずれこの病気の生存率は上がり、症状によっては手術の必要もなくなる未来がくるだろうということを冗談めかして語っていた。
そのような乳がんの治療方法を彼が開発したということではなく、医学の進歩の状況から考えた客観的な推測だそうだ。
そして彼はビュッフェ形式の立食パーティーでシャンパン片手にロースとビーフをほお張っていた。
その姿が肉を好む思春期の末期に差し掛かった少年のようで、本当に研究者なのだろうかという疑問さえ浮かんできたことを鮮明に記憶している。
一方で、このような好奇心旺盛な姿勢こそ、欧米の研究者の特徴なのかもしれないとも考えた。
多くの患者が名医に乳がん治療をしてほしいと望んでいるが、それは手術をしてもらったり検査を受けることにより、症状が改善されると期待しているからであり、よき相談相手や人生のパートナーとしての期待ではないことはひしひしと感じている。
その点、論文を書き上げた彼のような態度なら、患者も心を開きやすいのではないかと考えたのだった。

医師としてのモラルが問われることも多い現代社会において、もはや単なる職業という意識では病院に勤める人間の責任は果たせない。
毎日乳がん治療さえしていれば名医として尊敬を集められるような牧歌的な状況ではないことに、彼はうっすらと気付いていたのだ。
女性の病気であるだけに、なおさらデリケートな心遣いも求められる状況において、男性が担当することに抵抗を受ける患者も少なくはないが、彼ならそんな警戒を和らげることもできるのだろう。
もっとも、彼の専門は診断や治療よりも研究だということだったので、実際の現場に立ち会う機会は名医ほどに多くはない。
元々が柔らかい性格だったのか、この仕事に就いてから必然的に男性というハンデを押し隠すためにあのような接し方を習得したのかは不明だが、少なくとも見習ってほしいと思う無神経な医師が日本において幾人も思い当たることが気がかりだ。
乳がんの治療は、精神的にも負担がかかることが多く、中には女性としての尊厳まで失ってしまうという心配をするケースもあるのだから、抗がん剤の投薬や手術で症状さえ改善すればそれでいいというほど簡単なものではない。
胃や肺に転移して手遅れになってしまっては元も子もないとはいえ、気持ちもしっかりフォローするのが名医が使命と自らに課すところであり、気持ちと体の双方の改善を目指しているのだった。

名医にとっても乳がん治療は簡単なものではなく、どうしたらより確実に症状に変化をもたらすことができるのか、日夜勉強だと思っている。
ただ、少なくとも患者は他人の学習のために自分の肉体を差し出しているのではないし、たとえ10年後に今よりも高度なレベルに到達できたとしても、それまでの患者は犠牲になってしまうという焦りは常に心にある。
その姿勢は名医が乳がん治療に真剣に向き合うモチベーションになっていることも事実ではあるものの、仕事中毒気味であることは周囲の人間はもちろん、本人も意識しているところだった。
人間の命に向き合っているという自覚の強さが名医に重くのしかかり、時には自分の無力さに歯を食いしばりながら勤務してきたこともある。
どこまでがんばったところで、すでに転移がひどく、手の施しようがないところまできてしまった患者を診ると、誰かに代わりに治療をして救って欲しいと願い、その役割を担うのは他ならぬ自分だと言い聞かせているのだ。
他人に責任を負わせてしまえば楽にはなれるが、世の中の医師全員が逸れをしてしまえば重病患者の受け入れ先がなくなってしまう。
この名医には乳がんの治療でたらい回しにされる女性の姿を思い描くだけで、居ても立ってもいられない気持ちになってしまうのだった。

こんな張り詰めた生活を送っていれば、いつか体を壊してしまうと気遣う同僚が、たまには何日かまとまった休みを取って旅行にでも行ってきたらどうかと勧めてくれることもあるが、いまいち乗り気にはなれなかった。
かつてはニューヨークで開かれる学会に、バカンスも兼ねていってみたらどうかと提案されたこともあるが、そんな不謹慎な申し出に応じることができるわけもなかった。
学界とは自分の見識を向上させるために研究者や名医が乳がんの最新治療や症状について議論を交わす神聖な場であり、マンハッタンで颯爽とショッピングや観光を楽しむついでに赴くような場ではないはずだ。
断固としてそんないい加減な気持ちでは行くことができないと一蹴したところ、病院内ではとっつきにくい存在としての評判が定着してしまったようだ。
自分の権威を固めることに躍起になっているお偉方の権力闘争になどは興味がなかったので、それは特別、苦になるものでもなかった。
一応は名医という評価をもらい、乳がん治療については実地における経験も積んでいる身として、誰からも後ろ指を指される筋合いはないという自身があるだけに、噂などは問題にすること自体が時間の無駄だったのだ。

copyright © 2005 乳がん治療の名医 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。