乳がん治療の名医
   乳がん治療の権威と呼ばれる名医が検査や手術、検診から転移まで諸問題を解決する。

 スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 乳がんと痛み

ガン治療に最も効果的な食事法

一般に乳がんには痛みがないと言われることがあります。ただし、併発している乳腺症による痛みが起きる場合もありますし、痛んでいるということで別の原因であると断定できるものではありません。実際、乳がんで痛みを訴える患者さんはいます。間違った見解のために検診を受けるのを見送ってしまったために早期発見の機会を逃してしまったのでは、長い目で見た時に大きな損失となります。そのような事のないようにしてください。

乳房の痛みだけではなく、転移によって他の部位に影響が出る場合もあります。たとえば、脳に転移すれば頭痛が起きることがありますし、骨転移では骨の痛みが生じることがあります。このように、症状が進むと、体の各所に苦痛が生じることになってしまいます。

乳がんが原因で起こる痛みをコントロールするために、鎮痛剤を使うこともありますし、骨転移に放射線治療を用いることもあります。無理に我慢することは精神力を低下させることになりますし、ひいては闘病生活を続ける意志が揺らぐことにもなりかねません。1人で抱え込むよりも、主治医に相談して必要な措置を取ってもらいましょう。症状の進行の程度にもよりますが、QOL(生活の質)の向上のためにも、苦痛のコントロールを積極的に行う場合もあります。辛いのは仕方がないと諦めてしまう前に、上手に乳がんの痛みと向き合いましょう。

 乳がんの放射線治療

ガン治療に最も効果的な食事法

手術やホルモン療法、抗がん剤による化学療法と並んで、放射線治療乳がんの症状改善における有力な選択肢です。したがって、どのような方法で取り入れるかによって、予後の経過にも影響が出ます。たとえば、術後に放射線治療を行うことによって、切除しきれなかった微細な癌細胞を死滅させ、再発を予防することができます。せっかく手術を行っても、乳がんが再発してしまえば闘病生活を再開しなくてはなりません。そのリスクを放射線治療によって小さくすることができるのは、大きな助けになります。

また、術前にしこりを小さくする目的で放射線治療を行うことがあります。術前化学療法が行えない場合もありますので、それに代わる手段として、大きな役割を果たします。また、転移してしまった場合、放射線治療で乳がんが転移した部位の状態を改善することもあります。脳や骨に転移している場合、脳では頭痛や悪心、骨では骨の痛みや骨折を引き起こすことがありますので、そうした症状を緩和させる役割を果たすのです。

ただし、乳がんに放射線治療を用いる場合には、副作用があることも考慮しておかなくてはなりません。副作用には、治療中や終了直後に現われる急性障害と、終了後半年以上経ってから生じる晩期障害があります。ただし、晩期障害は頻繁に現われるものではありませんので、過剰に不安視しない方がよいでしょう。

また、妊娠している方は他の方法を検討することになります。放射線治療は全ての乳がんの患者さんに用いることができるわけではないことに注意してください。


 乳がんとホルモン療法

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がんホルモン療法を用いることは、転移や再発があった場合の有力な選択肢となります。一般的には、ホルモン療法を行ってから、効果がなくなったところで化学療法に切り替えます。ホルモン療法に使う薬剤にはいくつかの種類があり、長期の使用によって効果が薄れていくため、効き目が弱くなった段階で別の種類の薬剤に替えます。そして、副作用が出たり、効果がなくなってきたりするまで新しい薬剤の投与を続け、替わりとなる薬剤がなくなったところで、乳がんにホルモン療法を用いるのをやめて、抗がん剤に変更するのです。

転移や再発後の乳がんにホルモン療法を用いる場合には、閉経前ならLH-RHアナログとタモキシフェン(抗エストロゲン剤)を併用し、効果が弱まるとLH-RHアナログとアロマターゼ阻害剤の併用剤が行われることが標準的です。閉経後ならアロマターゼ阻害剤が第一の選択肢となります。ただし、過去にホルモン療法で乳がんの治療を行っていた場合にはそのことも考慮されますし、患者さんによって個別の事情もありますので、必ずしもこの通りに進むことばかりではありません。

また、転移や再発の場合だけがホルモン療法の対象となるわけではありません。再発予防のためにも使われます。治療期間が長期に及ぶことが多いので、生じる可能性がある副作用についても正しい知識を持っておきましょう。一般に、乳がんにホルモン療法を使う場合の副作用は、抗がん剤の場合よりも軽いものとされていますが、それぞれの薬剤によって、無視できない副作用が出ることもあります。どの薬を使うかによって、予想される症状は決まってきますので、必ず専門医に確認しておきましょう。また、長期に及ぶと言うことは、それだけ治療費もかさむということですので、その点についても大まかな計画を立てておいた方が良いと思います。

copyright © 2005 乳がん治療の名医 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。