乳がん治療の名医
   乳がん治療の権威と呼ばれる名医が検査や手術、検診から転移まで諸問題を解決する。

 スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 乳がんで川村カオリさんが死亡

ガン治療に最も効果的な食事法

闘病生活を続けていた川村カオリさんが、乳がんによってなくなりました。これまでも数箇所に転移していたということですので、厳しい状況だったのでしょう。

まだ38歳という若さで川村カオリさんがなくなってしまったことは残念ですが、乳がんの危険を少しでも多くの女性に知ってもらいたいと思います。

川村カオリさんのご冥福をお祈りします。

歌手の川村カオリさん死去、乳がんで闘病
7月28日18時30分配信 サンケイスポーツ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090728-00000529-sanspo-ent
川村カオリさん(写真:サンケイスポーツ)
 昨年10月に乳がんの再発・転移を発表し、闘病中だった歌手、川村カオリさん(38)が28日午前、都内の病院で死去した。所属事務所が発表した。

 川村さんの公式ホームページには「川村カオリが、左乳がんの再発の為治療しておりましたが、本日平成21年7月28日午前11時01分、都内病院にて永眠致しました。ここに生前のご厚誼を深謝し謹んでご通知申しあげます。これまで応援して下さった皆様に深く感謝致します」と発表された。

 葬儀については「親族の意向により、親族、友人のみの告別式とさせていただきます」としている。 

 川村さんは90年代に「神様が降りてくる夜」、「翼をください」などの曲で人気を博した。04年に乳がんを患い、乳がん治療で左胸を失うなどした。回復後、音楽活動を再開したが08年10月に乳がんの再発・転移を公表した。



 画像診断

ガン治療に最も効果的な食事法

マンモグラフィや超音波検査といった画像診断乳がん検診において大きな効果を発揮します。微細な石灰化や触診では分からない小さなしこりを発見することができるため、早期発見につながります。自分で触診をしている場合でも病院での検査を必要とするのは、すべての場合においてしこりができるわけではありませんので、必ずしも発見することができないからです。

画像診断の中でも、マンモグラフィは高い効果を持ちます。マンモグラフィの場合には、わずかながら放射線の被爆があるものの、妊娠中の女性を除き、健康に大きな問題を引き起こすものではありません。若い女性の場合には、乳腺の密度が高いため、適していないことがあります。その点、超音波検査は乳腺が密であっても効果を発揮することができます。ただし、マンモグラフィに比べると、小さなしこりや石灰化を発見しづらいという面も持っています。

せっかく検診を受けていながら、その内容を十分に理解していない方は少なくありません。いつ、どの内容で調べたかを知っておくことは、その後の診断に影響を与えることもありますので、しっかり把握しておきましょう。一般的には、検診でマンモグラフィのほか、問診や触診、視診を行うことが多くなっています。

 名医の乳がん治療

ガン治療に最も効果的な食事法

名医は乳がん治療について悩んでいた。
検査結果からすると、手術を早めにするのがセオリーと呼べるところまで症状は進行しているが、患者は抗がん剤の投与を希望している。
肉体的な問題だけではなく、できる限り希望に添えるように処置を行った方が、患者のためであることは疑いようがない。
しかし、名医としては乳がん治療の方法を間違えると、症状が一層悪化してしまうということを怖いほどによく知っているだけに、一時的な感情に流されて患者が後になって苦しい思いをすることも避けたいのだ。
すでに検査結果は出ているのだから、後は定石どおりの対応をすればいいと考える同僚もいるが、目の前の病気だけではなく、人生そのものを改善することをモットーとする以上、そのような安易な妥協をすることは信念に反していた。

決断を先延ばしにしてしまえば、症状は進行してしまう。
こうして検査は終わっている以上、名医として乳がん治療の方針を早い段階で決め、患者に納得いくような説明を行わなければならない。
思案が頭の中を駆け巡り、心の平安はすでに消え去っていた。
こういった悩みを抱えたとき、いつだって睡眠不足に陥り、浅い眠りに入っても夢にまで仕事のことが出てくることもしばしばだ。
損な性格だとは分かっているが、生まれついてのものだから仕方が無い。
もっと流れ作業のように乳がん治療を行えるようになれば楽なのだろうとは思うが、名医にそんないい加減なことができるはずもない。
他の患者の検診や手術を終えてから、学界の最新理論に目を通してその動向をしっかりと見極める。
どうやら、今のところ習得すべき技術はないようだと判断し、論文を書いているのがかつてあったことのあるイギリス人であったことに気付いて、そのときのことを思い出した。

まだ冬の寒さが抜けきらないロンドンで、権威ある研究者や名医が乳がん治療についての討論を交わすために集まったのは3年前だろうか。
理知的な雰囲気の眼鏡をかけた研究者が論文の起票者であった。
どこか無邪気な印象が抜けきらないその男は、いずれこの病気の生存率は上がり、症状によっては手術の必要もなくなる未来がくるだろうということを冗談めかして語っていた。
そのような乳がんの治療方法を彼が開発したということではなく、医学の進歩の状況から考えた客観的な推測だそうだ。
そして彼はビュッフェ形式の立食パーティーでシャンパン片手にロースとビーフをほお張っていた。
その姿が肉を好む思春期の末期に差し掛かった少年のようで、本当に研究者なのだろうかという疑問さえ浮かんできたことを鮮明に記憶している。
一方で、このような好奇心旺盛な姿勢こそ、欧米の研究者の特徴なのかもしれないとも考えた。
多くの患者が名医に乳がん治療をしてほしいと望んでいるが、それは手術をしてもらったり検査を受けることにより、症状が改善されると期待しているからであり、よき相談相手や人生のパートナーとしての期待ではないことはひしひしと感じている。
その点、論文を書き上げた彼のような態度なら、患者も心を開きやすいのではないかと考えたのだった。

医師としてのモラルが問われることも多い現代社会において、もはや単なる職業という意識では病院に勤める人間の責任は果たせない。
毎日乳がん治療さえしていれば名医として尊敬を集められるような牧歌的な状況ではないことに、彼はうっすらと気付いていたのだ。
女性の病気であるだけに、なおさらデリケートな心遣いも求められる状況において、男性が担当することに抵抗を受ける患者も少なくはないが、彼ならそんな警戒を和らげることもできるのだろう。
もっとも、彼の専門は診断や治療よりも研究だということだったので、実際の現場に立ち会う機会は名医ほどに多くはない。
元々が柔らかい性格だったのか、この仕事に就いてから必然的に男性というハンデを押し隠すためにあのような接し方を習得したのかは不明だが、少なくとも見習ってほしいと思う無神経な医師が日本において幾人も思い当たることが気がかりだ。
乳がんの治療は、精神的にも負担がかかることが多く、中には女性としての尊厳まで失ってしまうという心配をするケースもあるのだから、抗がん剤の投薬や手術で症状さえ改善すればそれでいいというほど簡単なものではない。
胃や肺に転移して手遅れになってしまっては元も子もないとはいえ、気持ちもしっかりフォローするのが名医が使命と自らに課すところであり、気持ちと体の双方の改善を目指しているのだった。

名医にとっても乳がん治療は簡単なものではなく、どうしたらより確実に症状に変化をもたらすことができるのか、日夜勉強だと思っている。
ただ、少なくとも患者は他人の学習のために自分の肉体を差し出しているのではないし、たとえ10年後に今よりも高度なレベルに到達できたとしても、それまでの患者は犠牲になってしまうという焦りは常に心にある。
その姿勢は名医が乳がん治療に真剣に向き合うモチベーションになっていることも事実ではあるものの、仕事中毒気味であることは周囲の人間はもちろん、本人も意識しているところだった。
人間の命に向き合っているという自覚の強さが名医に重くのしかかり、時には自分の無力さに歯を食いしばりながら勤務してきたこともある。
どこまでがんばったところで、すでに転移がひどく、手の施しようがないところまできてしまった患者を診ると、誰かに代わりに治療をして救って欲しいと願い、その役割を担うのは他ならぬ自分だと言い聞かせているのだ。
他人に責任を負わせてしまえば楽にはなれるが、世の中の医師全員が逸れをしてしまえば重病患者の受け入れ先がなくなってしまう。
この名医には乳がんの治療でたらい回しにされる女性の姿を思い描くだけで、居ても立ってもいられない気持ちになってしまうのだった。

こんな張り詰めた生活を送っていれば、いつか体を壊してしまうと気遣う同僚が、たまには何日かまとまった休みを取って旅行にでも行ってきたらどうかと勧めてくれることもあるが、いまいち乗り気にはなれなかった。
かつてはニューヨークで開かれる学会に、バカンスも兼ねていってみたらどうかと提案されたこともあるが、そんな不謹慎な申し出に応じることができるわけもなかった。
学界とは自分の見識を向上させるために研究者や名医が乳がんの最新治療や症状について議論を交わす神聖な場であり、マンハッタンで颯爽とショッピングや観光を楽しむついでに赴くような場ではないはずだ。
断固としてそんないい加減な気持ちでは行くことができないと一蹴したところ、病院内ではとっつきにくい存在としての評判が定着してしまったようだ。
自分の権威を固めることに躍起になっているお偉方の権力闘争になどは興味がなかったので、それは特別、苦になるものでもなかった。
一応は名医という評価をもらい、乳がん治療については実地における経験も積んでいる身として、誰からも後ろ指を指される筋合いはないという自身があるだけに、噂などは問題にすること自体が時間の無駄だったのだ。

 名医と末期乳がん

ガン治療に最も効果的な食事法

名医にとっても末期乳がんは悩ましい問題だ。
腫瘍を手術によって摘出できる段階でもないし、完治させることが難しい患者と接していると落ち込んでしまうのは今でも変わらない。
たとえ抗がん剤や放射線治療の副作用に患者が苦しんでいても、完治が見込めるなら励ますこともできる。
しかし、名医でも末期乳がんを根治に導くことは難しく、延命やQOLの向上を目的とした治療となると、患者の気落ちが伝染してしまうこともある。
手術によって乳房を失うことになった患者を説得するのも同性として心苦しいが、末期患者には死が近づいているという悲壮感がある。

手を尽くして治療をしても、すでに癌細胞が転移してしまっていると、根治させることは難しい。
末期乳がんの特徴からすれば仕方がないこととはいえ、名医には割り切れない思いがある。
いくら自分の責任ではないとはいえ、病魔によって死期を迎えようとしている患者を見守るのは辛いものだ。
だからといって、末期乳がんの患者から逃げ出すわけにもいかない。
そんなことをすれば、十分な医療を受けられないことで、ますます寿命が縮む女性が増えてしまうからだ。
辛い治療の果てにあるのが死であることを告知することは気が重いものだ。
いくら多くの末期乳がんの治療に当たってきた経験があるとはいえ、その心理的な負担が消えることはない。
命と向き合う仕事を続ける限り、名医にとっては常に生死を見極めていく日々が続いていく。
そこには達観した姿はなく、1人の苦悩する人間の姿がある。
死に対する意識が失われていく病院にあって、名医はいつまでも人の死に馴れることがない。

 乳がん名医と呼ばれる女医

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がん名医と呼ばれる女医を尋ねて多くの患者が病院を訪れるが、誰もが深刻な悩みを抱えていることに疲れてもいた。
常に生死と隣り合わせの仕事には想像を絶する緊張感が強いられる。
仕事なのだから仕方ないとは思いながらも、乳がん名医とされる女医は安らぎを求めている自分にも気付いている。
多くの女性を救ってきたが、もしかしたら自分が壊れてしまうのではないかという不安に最近はさいなまれていた。
未来が見えない不安は拭えず、病院の中でも十分に一目置かれていながら、誰にも心を許せない雰囲気が漂っている。

時には乳がん名医の肩書きが邪魔になってしまうこともあり、そんな時には目立たないでひっそりと治療を行って痛いと思うこともある。
周囲から必要以上にプレッシャーを与えられることが、披露の原因になっていることはいなめない。
過大な期待は重圧となって女医の肩にのしかかっている。
症状が末期に至り、すでに他の病院でも完治が望めないと宣告された患者が乳がん名医を求めてやってくることがあるが、自分の力量でも気休め程度の延命が精一杯というとき、病院内の誰よりも落胆しているにもかかわらず、同僚達は非難がましい視線を送ってくる。
まったくの不条理だが、全身でそんな視線を感じている乳がん名医の神経は消耗してしまっている。

 名医の乳がん手術

ガン治療に最も効果的な食事法

名医から乳がん手術を受けることにより、できるだけ体を傷つけることなく、根治を目指したいと願う人は世の中にたくさんいる。
大きく分けると、手術には乳房切除術と乳房温存手術があり、後者を希望する患者が多い。
ただ、どちらの方法を取るにしても、名医とはいえ乳がん手術で必ず治療できるというわけではない。
症状によっては、やはり完治ができない場合もあるし、転移が認められればなおさらだ。
乳房切除術は胸筋温存乳房切除術と全乳房切除術があり、胸筋温存乳房切除術は乳房を切除するものの、両胸筋を残すもので、一般的な方法として採用されている。
基本的には乳房を全て切除して行う。
全乳房切除術は広範に広がった症状のときに使われることの多い方法だ。
どちらの方法にしても、乳房を残してほしいという患者にとっては避けたい乳がん手術の方法ということになる。

乳房切除術に対して、乳房温存手術その名の通り、乳房を残すことができるという意味で、多くの患者の希望にかなったものと言える。
乳房温存手術は腫瘤摘出術、乳房円状部分切除術、乳房扇状部分切除術に分類される。
腫瘤摘出術はしこりを切除するもので、乳腺の損傷が小さなものになる。
まだしこりが小さなうちに使われる方法だが、切除の範囲が狭いため、がん細胞を取り残すリスクがある。
乳房円状部分切除術は、しこりに加えてその周辺の乳腺を含めて切除しするため、腫瘤摘出術と比べると広い範囲に切除が及ぶ。
ただし、それでも残った乳房にがん細胞が残されているリスクは残る。
乳房扇状部分切除術は乳房温存手術の中で切除の範囲がもっとも広範に及ぶもので、しこりとその周囲の乳腺組織を、乳頭を中心にして切除する。

総合的に言うと、切除の範囲が限定されるほど、胸の状態は保つことができるものの、がん細胞を取り残す可能性が高くなる。
そのため、乳がん手術にあたり、自分が重視するものが何であるのかをしっかり見極めておくことが必要だ。
小手先の議論で足りるものではなく、人生観を問うものになるだけに、名医といえどもあまり突っ込んだ会話はしづらいところがある。
他人のデリケートな悩みに土足で踏み込む図々しさがあったほうが、業務上は円滑に進むのかも知れないが、正確は簡単に変えることができるものではない。
乳がん手術で完治したいというのも、元の胸の形を残したいというのも、女性としては極めて当然の願いであって、どちらかを犠牲にしてよいという性質のものではないだけに、名医の苦悩も深い。

命を救うためには、乳がん手術で切除を余儀なくされることもあるが、それで助かった患者の複雑な表情を見ると、本当にそれが正しい判断だったのか、確信が持てなくなる。
人間は言葉によって高度な意思疎通をできるように進化してきたが、それとても万能ではない。
むしろ稚拙な会話で思いを伝えられないことなど多々あるし、自分の気持ちをうまく言葉としてまとめられないことなどいくらでもある。
人生観を端的に語れる人の方が少数派だろう。
診察をしていて、患者と真正面から向き合っているつもりでも、言葉にならない想いを汲み取ることができないでいることに、名医は苛立ちを感じていた。
もしかしたら、今まで行ってきた乳がん手術は、最適な方法ではなかったのではないかという疑いが鎌首をもたげては、背筋が凍るような思いをする。

症状から考えて乳房切除術を採用してきたケースであっても、乳がんを乳房温存手術と放射線治療や化学療法と組み合わせることにより、患者の尊厳を守ることができたのではないかという疑念は尽きることがない。
唯一正しい解答があるわけではないと頭では理解しているが、気持ちまで簡単に割り切れるものではない。
そんな姿を見て、十分に患者と話し合って選んだ道なのだから、それでいいのではないかと助言をくれる同僚もいる。
たしかに、医学に絶対的な解決策があるわけではないし、症状が深刻になるほど患者と共に選択を迫られる場面は増え、人生を大きく変えていくことにもなる。
どこかで見切りをつけなくては、乳がん手術は今後も続くのだから、抱えきれなくなってしまう。
迷いが名医の許容量に近づいていることは自分でも意識していたし、深刻な事態には違いない。

それでも同僚が進めるように、過去を振り返らないでいるのは不可能だった。
過去に乳がん手術をした患者からお礼状が送られてくることもあり、喜ぶと共に他の患者のことが心配にもなる。
記憶が残っている限り、未来だけを見て生きていくことなどはできないのだろう。
力が及ばずに命を救えなかったことや、一命は取り留めたものの、術後の自分の体を見て愕然とした患者の表情は脳裏を離れることはない。
夢にうなされることもあるし、乳がん手術を他の医師に任せてしまいたい気持ちもあるが、もしそれを実行したなら、ひどい自己嫌悪で病院勤めを続けることさえできなくなってしまいそうな気がした。

乳房温存手術が今よりも進化して、患者の体を傷つけることなく、完治を期待できる治療方法が開発されれば、問題は解消する。
副作用の少ない抗がん剤や放射線治療で得られる効果は限定的なのが現状だが、それが進化したスタイルになるか、あるいは画期的な手法が提案される日だってくるかもしれない。
多くの研究者が今日も研究しているのだから、十分にありえる話だ。
そんな期待が、名医に多少なりとも安らぎを与える。
乳がん手術を必要としなくなるほどに高度な医療が普及すれば、患者にとっても利益になるし、医師としても悩みが減ることになる。
多少現実逃避な期待ではあるが、過酷な現実と向き合い続ける名医にも、片時の急速は必要だ。

そして名医は乳がん手術において最善を尽くすため、研鑚を欠かすことなく今日を生きる。
自分の能力に限界を感じても、その天井を突き破るため、賢明に患者と向きあう。

 名医の乳がん検診

ガン治療に最も効果的な食事法

名医は乳がん検診にあたり注意するのは、症状や転移だけではない。
病気であるかどうかを確認しに来ているのだから、その点について正確な判定をすることはかかせないが、それが彼女の仕事のすべてではないのだ。
戸惑いながら乳がん検診に来ている人に対し、名医は相手の気持ちをいかに楽にすることができるかを考える。
これは普段の治療の時と同じことで、ただ肉体だけを治せばそれでいいという考えの医師とは一線を画す要素だろう。
当初はこのような場面なら、患者はどのような気持ちだろうかと想像しながら親身になろうとしていたが、それを繰り返すうちに、相手の気持ちに立つことは癖のようになっている。
病院に足を運ぶのは面倒なことだし、気が進むものではないのにわざわざ乳がんの検診に来ているのだから、その気持ちに応えたいというプロ意識が名医を動かす原動力になっている。

業務は多忙だし、治療を待つ患者もいる。
仕事の効率という面で言えば、事務的に業務を進めたほうがよいのだろうが、ベルトコンベアに乗って流れてくる機械の部品のように命も感情もある患者を扱うことなどできないというのが名医のモットーであり、時には上層部と衝突することもあったが、今では一応の理解は得られているようだ。
その姿勢は乳がん検診のみではなく、治療や手術の際にも貫かれているし、多少口出しをしても矯正できるものではないというのが上層部の見解であり、確実な治療で病院の評判を挙げている彼女に病院を去られるのは得策ではないこともあり、苦々しく思いながらも黙認しているというのが現実である。
それは関係者であれば周知の事実で、腫れ物に触るように誰も直接口にはしない。
教授の覚えがよくないと忠告したところで、名医はそんなことは意に介さずに乳がん検診の分析に頭を働かせていることが分かっているからだ。

もしも普通の企業に就職していたら、典型的なキャリアウーマンになっていたのだろうというのが、同僚からの評判だ。
若い女医ほど彼女に憧れる傾向があるが、経験を積んでいくうちに仕事人間としての彼女の姿勢に疑問を感じ、自分はもっと趣味や恋愛を楽しみながら暮らしたいという方向へ転換していく。
名医としても、他人に対して四六時中、乳がんの検診や治療のことばかり考えているように要求するつもりはない。
患者が転移や症状の悪化に悩んでいるのには心を痛めるが、他の女医や看護士には、彼女達の生き方があると思うし、それを尊重するつもりまではないにしても、図々しく介入する気はなく、仕事さえきちんとこなしていれば文句を言うつもりはない。
医学の道を追求していくことは、職人芸の部分があり、自分の全身全霊を傾けなくてはならないのだから、そのつもりがない人間に強要したところで、お互いに利益にはならないだろう。

乳がんの検診を終え、ほっとした表情を浮かべる人もいれば、正式な結果ではなくてもいいので診断結果を聞きたいという人もいる。
名医としても軽率なことは立場上口にできないので、さしさわりのない範囲で誠実に答えるように心がけているが、やはり正確な結果はその場では出すことはできない。
きっと家に帰ってからも不安になってしまうのだろうと想像すると、一日も早く結果を通知して気持ちを落ち着かせてあげたいと思うのだが、なかなか現実がついていかないことは焦りや苛立ちの原因にもなっている。
そんな時、乳がん検診や治療のことなどすっかり忘れてプライベートを満喫しようとしている同僚が、嬉々として帰ろうとしているのを見ると引き止めたくもなるが、勢いだけで行動するほど、彼女も未熟ではない。
そんなことをしたところで、院内の空気は悪くなり、結局仕事がしづらくなるだけなのが分かっているので、喉まで出かかった言葉を飲み込み、腹に収める。
今まで、どれほど多くの愚痴や叱責を自分の胸のうちにしまってきたか知れない。

自分も、もっと気楽に乳がん検診や手術のことを捉えられたら余裕ができるのだろうと考えることは名医にもある。
この生き方は精神を張り詰めたものになってしまうし、あまり精神衛生上良いともいえない。
いくら総合病院に勤務しているとはいえ、同僚の精神科医に診てもらうようなことになれば、悪い噂があっという間に広まることは火を見るより明らかだ。
命を預かる現場とはいえ、病院にも噂話に花を咲かせている関係者はいるし、普段検診や乳がんの治療のことしか考えていないという陰口も叩かれていることを知っているだけに、名医が精神科にかかれば、やはり精神を病んでいるという嘲笑が待っているだろう。
強い女になりたいと願っているわけでもないが、やはりそのような噂が立つのは不本意だ。

周囲が思っているほど、彼女も自分のライフスタイルに自信を持っているわけではなく、とくにこだわってもいない。
ただ、乳がん検診に立ち会えばそのことが気になるし、新しい治療法や手術の方法が発表されれば勉強しておきたくなる。
そうしているうちに、いつの間にか仕事の比率がプライベートを圧迫するほどに肥大してしまうのだ。
この状況を楽しんでいるどころか、どうにかして負担を減らして健康的な暮らしにしたいとは常々考えているところで、実現の目処さえ立たないことが彼女にとって悩みの種にもなっている。
それは同僚の知らない彼女の一面であった。

特別プロ意識が低いとか、職業倫理に問題がある病院だとは名医自身も思ってはいないが、自分のストイックな姿勢に比べると、同僚は気楽に見えてしまう。
検診を受けに来た人が、乳がんと告知される際の気持ちを本当に想像して接しているのだろうかと不審に思うこともあるが、できるだけ言葉や態度にはしないようにしており、そのことが周囲に対する無関心として誤解されてしまっている部分があるのだが、もはや弁解するような段階でもなく、長年染み付いているイメージだけにそのまま見過ごすしかなかった。
名医の仕事に対しては誰もが一目置いていたのだから、業務上は支障が出ない。
乳がん検診にしても、患者を不安にさせるような険悪な雰囲気を流すものはいないのだから、彼女もよしとしていた。

 宮崎ますみさんの乳がんに学ぶ

ガン治療に最も効果的な食事法

女優の宮崎ますみさんが乳がんと診断され、治療を行ったことは広く知られていますが、発見までの間にも検診を受けていたものの、病院にマンモグラフィがないために発見が遅れてしまったそうです。

早期発見・早期治療は完治にむけての重要な要素です。検診を受ける病院が違っていたら、宮崎ますみさんは乳がんをもっと早くに見つけることができていたのかもしれません。検査を受ければ安心とは言えないということが、ここから伺えるでしょう。

ただし、検診を受けるための病院を慎重に選ぶのは、相当に不安がある場合ぐらいでしょう。宮崎ますみさんはしこりがあったそうですが、そういった事情でもない限り、検査を受けておけば安心というのが一般的な感情だと思います。

その後、宮崎ますみさんも乳がんの検診の重要性を山田邦子さんやアグネス・チャンさんと訴えるピンクリボンフェスティバル2008にも参加しています。アグネス・チャンさんや山田邦子さんも宮崎ますみさんと同じように、手術を受けた経験を持っています。

乳がんは宮崎ますみさんだけの特別な病気ではなく、女性であれば、関連の深いものです。日本人女性の20人に1人という割合とも言われているほどなのですから、対岸の火事というわけにはいきません。異常を感じた場合にはもちろん、自覚症状がなくても、定期的に検診を受けておくことが大切です。

<以下引用>
宮崎ますみ乳がん手術へ…HPで術後経過
( 日刊スポーツ 2005年12月01日 11時00分)
http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/3564/
 女優の宮崎ますみ(37)が乳がんと診断され、今月2日に手術を受けることを11月30日、明らかにした。所属事務所を通してマスコミ各社にファクスを送って公表した。
 事務所関係者によると、宮崎は2年前から右胸にしこりを感じていた。10月中旬に検査した結果、乳がんと診断された。腫瘍(しゅよう)は右胸上部内側にあり、進行具合や大きさなどは、手術後に判明する見通し。場合によっては、全摘出の可能性もあるという。宮崎は公表した理由について「関係者の方々に対し、これ以上ご迷惑をおかけするわけにはいかないという思いから」とコメント。術後の経過は、自分のホームページで報告するとした。
 94年にロサンゼルス在住のディレクター兼カメラマンと結婚。96年からハワイに移住して女優を引退、男児2人をもうけていた。今回、都内で入院するため、夫や子供も東京に移り住むことになった。

 乳がんの名医について

ガン治療に最も効果的な食事法

治療の成果を左右する乳がん名医がいる病院を探している方にとって、この問題は切実です。名医を見つけることによって、より確かな治療を受けることもできますが、病院選びに時間を取ってしまったために、いつまでも何もできないままというのも良いことではありません。理想としては、検査によって告知を受けてからできる限り早く乳がんの名医を見つけたいところですが、往々にして理想と現実は異なるものです。

昨日までは医療とまったく関係がなく暮らしていたのに、急に名医を見つけようと思ったところで、もっとも近道がどこにあるかなど分かるはずもありません。それは努力不足ということではなく、方法論が分からないということが、もっとも大きな原因になっているのです。歩き方が分からなければ、足を踏み出すことはできないのと同じことです。

インターネットや書籍を用いて自力で乳がんの名医に関する情報を収集するのも一つの方法です。この方法で問題なのは、無尽蔵な情報の中から精査を行う必要がありますが、患者さんは医学の知識も不足しています。病院選びについても精通しているとは言えません。その状況で、的確な判断を下すことができるかという課題が残るのです。すべてを自分で行うよりも、すでに整理された情報を上手に活用することの方が賢明な判断でしょう。

そこで参考になるのが「癌と闘うために」です。こちらでは、名医や病院の探し方についての説明があることはもちろん、病院選びに困った時にはメールで相談することもできるのです。心細い時にサポートを受けられるのはありがたいことです。迅速な行動が必要であるからこそ、無駄を省いて本当に必要な情報だけを選び抜きましょう。

 乳がんの転移

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がん転移すると、それだけ治療が難しくなるのですが、病巣が小さいうちから転移を始めることがあるため、実際には珍しいことではありません。乳がんが骨転移をすると腰や肩の痛みとして自覚できる症状が起きる場合もありますし、他に肝臓や肺、リンパ節などが転移の起こりやすい部位となります。

治療の際にも転移の有無は考慮されます。いくら名医でも、すべての箇所について手術によって切除することができるわけではありません。したがって、原発巣とともにリンパ節郭清(病巣の周囲のリンパ節も一緒に切除すること)を行う場合もありますが、乳がんが転移した部位によっては、他の治療法を用いることになります。たとえば、骨転移がある場合に放射線治療を行うことが一例です。

他の癌と同様に、乳がんも転移によって危険度が増します。したがって、他の部位にまで広がる前に治療を行っておきたいところですが、実際には発見時には転移していることもありますので、その場合には他の部位も含めて対応を考える必要があります。

癌細胞が原発巣にとどまっている場合の方が生存率は高く、完治の見込みも大きいとはいえ、それは絶対的な基準ではありません。名医と相談することで希望が見つかることもありますし、十分に説明を受け、今後の対応を検討しましょう。

 乳がんと石灰化

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がん石灰化が生じることがありますが、これは乳腺の中で壊死した癌細胞にカルシウムが沈着したものですが、石灰化は乳がんではない場合にも起こるものです。したがって、良性であるか悪性であるかの判断を下す必要があり、良性の場合には特に治療を行わないことが通常です。マンモグラフィーによって石灰化が見つかった場合で、画像から良性かどうかの判断ができない場合には、マンモトーム生検を行います。マンモトーム生検は乳腺組織の石灰化を含んだ部分を採取して組織検査を行うことによって、それが良性か悪性かの診断を行うものです。以前に行われていた検査では切開面が大きく、採取する乳腺組織も大きくなってしまっていのたですが、マンモトーム生検なら切開の範囲も4ミリ程度と小さくて済みます。

大部分は良性なのですが、もし乳がんによって石灰化が生じているのであれば、治療が必要になります。手術やホルモン療法などを用いて専門医と完治を目指すことになりますので、今後の方針についてしっかり説明を聞いておきましょう。石灰化は乳がんであることを必ずしも表していないということは覚えておいてください。

 乳がんの再発

ガン治療に最も効果的な食事法

せっかく治療しても乳がん再発してしまえば、闘病生活に引き戻されることになります。患者さんとしては、このような事態に陥ることは避けたいところです。再発を予防することと、もし避けられなければ治療を行うこと、この2つが要点になります。

まず、乳がんの再発を予防する方法です。これには手術の際に行う腋窩リンパ節郭清や術前・術後の放射線治療、化学療法、ホルモン療法などがあります。病巣の周辺のリンパ節にがん細胞が残されていれば、それが再発の原因になりかねませんので、腋窩リンパ節郭清によって疑われる範囲のリンパ節も切除します。また、細かく散らばったがん細胞に対する処置として、放射線治療や各種の薬物療法が用いられます。これらを組み合わせることによって、手術を単独で用いるよりも術後の経過を良好にすることが期待できます。

しかし、それでも乳がんが再発してしまうことはあるものです。およそ30%の方が再発が治療後に再発するとされていますので、およそ3人に1人の割合になります。決して少なくない割合であることが分かります。したがって、専門医から指定された定期検査の頻度は、必ず守ってください。検査を受けなかったために発見が遅れてしまうと、それだけ発見後の治療が難しくなります。

乳がんが再発したあとにおいても、当初の場合と同じように早く見つけることで症状の改善の見通しは良くなります。手術を行える状態であれば病巣を切除することもできますし、手術が無理なら放射線治療や抗がん剤、ホルモン療法、分子標的療法などを用いることもあります。手を打たないでいると、遠隔転移が進んでしまうこともありますので、必ず予後の経過は慎重に見守るようにしましょう。

 乳がんとしこり

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がんしこりには、できやすい位置とそうではない位置があります。しこりが発生しやすい部位としては、多い順に、乳房の外側の上部、内側の上部、外側の下部、中心部、内側の下部となります。また、脇の下にしこりができることもあります。自己検診をする時には見落としてしまう方もいるようですので、注意してください。また、乳がんはしこりを必ず伴うわけではありませんので、自己検診を過信しすぎず、定期的に病院で検査を受けるようにしましょう。

しこりがあるとしても、良性のものであることが多くあります。むしろ、乳がんによるしこりより、良性の方が割合としては多いのです。もちろん、だからといって放置するのは危険です。専門医の診断を受け、本当に治療が必要ないかどうかを確認しましょう。もし治療をするのなら、初期症状のうちが症状を改善するチャンスです。好機を逸したために、治療期間が長引く上、なかなか症状が改善されなくなってしまうのは惜しいことです。

初期症状として、しこりを乳がんの特徴的な症状として現われると考えている方がいますが、触診で認識できる大きさのしこりがあるということは、すでに初期とは呼べないところまで進行していることが多くあります。一般に、触って分かる大きさは、注意深く触れて5㎜から1cmとされています。2cmほどになるまで気付かないことも珍しくありませんん。そこまで発展した段階では、すでにある程度症状が進行している可能性があることを考えると、時間に猶予はありません。まずは検査で状態をはっきりさせましょう。

乳がんはしこりをきっかけにして見つかることが少なくありません。おかしいと感じたら、まずは病院で検診を受けてください。病院では画像検査や生検などで、より詳しく検査を行います。そのうえで、治療が必要であるとなれば、転移の状態や年齢、全身状態なども考慮して、方針を立てていくことになります。異常に気付きながら、そのまま受け流してしまうことはやめましょう。

 乳がんの生存率

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がん生存率を全がん協加盟施設が協同調査で発表した数字について示しておきます。なお、病期に分けられていますので、数字が増えるほど末期に近づいていると考えてください。

乳がんの5年生存率
ステージⅠ:98.2%
ステージⅡ:91.5%
ステージⅢ:67.8%
ステージⅣ:31.5%

病院によっても数字は変わってきますので、すべての病院でこの数字が当てはまるわけではありません。アメリカの研究では、乳がんの手術数が多い病院の方が、手術数が少ない病院よりも生存率が高いという結果も得られています。多くの患者さんの治療を行っていれば、それだけ経験も積んでいるわけですから、理に叶った研究結果であると考えられるでしょう。これまでに治療を多く行っていない病気を担当することになれば、技術や判断に不慣れなところが出てしまうことは容易に想像できます。

したがって、生存率を高めるための1つの方法として、病院選びを慎重に行うということがあります。名医がいる病院と、ヤブ医者が主治医になる医療施設では、乳がんの生存率にも影響が出るのは当然のことでしょう。どこで検査を行うか、そして症状の改善のために治療を受けるかは、患者さんに選択の権限があります。これまでの実績や評判を気にしないのでは、その権限を十分に行使していないのと同じことです。

生存率は乳がんの現実を映し出す鏡のような存在です。命に関わる問題であることは、上記の数字を見ても分かるでしょう。初期症状であれば治ることが多いものの、末期に向かうにつれて死亡する患者さんが増えてしまっています。早期発見が重要であるということはピンクリボンキャンペーンなどでも声高に叫ばれていますが、その意味は生存率を見ても分かるでしょう。早い段階で検診を受けて発見することができれば、助かる可能性が高いのです。

すでに発症が確認された以上は、より高いレベルの医療を受けるためにも名医を見つけ、完治を目指していきましょう。

 乳がんと抗がん剤

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がん抗がん剤を用いることによって、手術やホルモン療法、放射線治療を単独で用いる場合よりも効果を高めることが期待できます。抗がん剤による化学療法を単独で用いることもありますが、他の治療法と組み合わせることで、より一層の効果を期待できる場合が多々あります。乳がんの抗がん剤は研究が進められており、トラスツズマブのように、新しいものも登場しています。

以前よりも副作用が少なく、効果が高い抗がん剤も登場していますので、有力な選択肢の1つとして、症状を改善する上で欠かせないのが化学療法です。手術を行える場合でも、乳腺組織以外へ癌細胞がこぼれ落ちていることを警戒して、術前や術後に抗がん剤を用いることで、乳がんの再発や転移を予防するために効果を得ることができます。このように、手術をサポートするという役割においても、重要な地位を占めています。

多剤療法といって、2,3種類の抗がん剤を乳がんに使うことが多いのですが、この方法だと、症状に対する効果は向上させながら、副作用は抑えることができます。また、副作用を抑える薬もできていますので、以前と比べると、化学療法は危険が少なく、それでいて有効なものに進歩しているということができるでしょう。

今後の研究によって、乳がんに効果のある抗がん剤は増えていくでしょう。ただし、多くの種類がある中で組み合わせを決めていくことになるので、患者さんの体質や症状の程度、転移の状態などの諸条件にあった最適なものを処方してもらうことが大切です。そのためには、優秀な専門医を主治医にすることが欠かせません。道具が揃っても、それを十二分に使いこなすことができなければ、宝の持ち腐れになってしまうのです。

 乳がんとホルモン療法

ガン治療に最も効果的な食事法

乳がんホルモン療法を用いることは、転移や再発があった場合の有力な選択肢となります。一般的には、ホルモン療法を行ってから、効果がなくなったところで化学療法に切り替えます。ホルモン療法に使う薬剤にはいくつかの種類があり、長期の使用によって効果が薄れていくため、効き目が弱くなった段階で別の種類の薬剤に替えます。そして、副作用が出たり、効果がなくなってきたりするまで新しい薬剤の投与を続け、替わりとなる薬剤がなくなったところで、乳がんにホルモン療法を用いるのをやめて、抗がん剤に変更するのです。

転移や再発後の乳がんにホルモン療法を用いる場合には、閉経前ならLH-RHアナログとタモキシフェン(抗エストロゲン剤)を併用し、効果が弱まるとLH-RHアナログとアロマターゼ阻害剤の併用剤が行われることが標準的です。閉経後ならアロマターゼ阻害剤が第一の選択肢となります。ただし、過去にホルモン療法で乳がんの治療を行っていた場合にはそのことも考慮されますし、患者さんによって個別の事情もありますので、必ずしもこの通りに進むことばかりではありません。

また、転移や再発の場合だけがホルモン療法の対象となるわけではありません。再発予防のためにも使われます。治療期間が長期に及ぶことが多いので、生じる可能性がある副作用についても正しい知識を持っておきましょう。一般に、乳がんにホルモン療法を使う場合の副作用は、抗がん剤の場合よりも軽いものとされていますが、それぞれの薬剤によって、無視できない副作用が出ることもあります。どの薬を使うかによって、予想される症状は決まってきますので、必ず専門医に確認しておきましょう。また、長期に及ぶと言うことは、それだけ治療費もかさむということですので、その点についても大まかな計画を立てておいた方が良いと思います。

 乳がんの放射線治療

ガン治療に最も効果的な食事法

手術やホルモン療法、抗がん剤による化学療法と並んで、放射線治療乳がんの症状改善における有力な選択肢です。したがって、どのような方法で取り入れるかによって、予後の経過にも影響が出ます。たとえば、術後に放射線治療を行うことによって、切除しきれなかった微細な癌細胞を死滅させ、再発を予防することができます。せっかく手術を行っても、乳がんが再発してしまえば闘病生活を再開しなくてはなりません。そのリスクを放射線治療によって小さくすることができるのは、大きな助けになります。

また、術前にしこりを小さくする目的で放射線治療を行うことがあります。術前化学療法が行えない場合もありますので、それに代わる手段として、大きな役割を果たします。また、転移してしまった場合、放射線治療で乳がんが転移した部位の状態を改善することもあります。脳や骨に転移している場合、脳では頭痛や悪心、骨では骨の痛みや骨折を引き起こすことがありますので、そうした症状を緩和させる役割を果たすのです。

ただし、乳がんに放射線治療を用いる場合には、副作用があることも考慮しておかなくてはなりません。副作用には、治療中や終了直後に現われる急性障害と、終了後半年以上経ってから生じる晩期障害があります。ただし、晩期障害は頻繁に現われるものではありませんので、過剰に不安視しない方がよいでしょう。

また、妊娠している方は他の方法を検討することになります。放射線治療は全ての乳がんの患者さんに用いることができるわけではないことに注意してください。


 乳がんと痛み

ガン治療に最も効果的な食事法

一般に乳がんには痛みがないと言われることがあります。ただし、併発している乳腺症による痛みが起きる場合もありますし、痛んでいるということで別の原因であると断定できるものではありません。実際、乳がんで痛みを訴える患者さんはいます。間違った見解のために検診を受けるのを見送ってしまったために早期発見の機会を逃してしまったのでは、長い目で見た時に大きな損失となります。そのような事のないようにしてください。

乳房の痛みだけではなく、転移によって他の部位に影響が出る場合もあります。たとえば、脳に転移すれば頭痛が起きることがありますし、骨転移では骨の痛みが生じることがあります。このように、症状が進むと、体の各所に苦痛が生じることになってしまいます。

乳がんが原因で起こる痛みをコントロールするために、鎮痛剤を使うこともありますし、骨転移に放射線治療を用いることもあります。無理に我慢することは精神力を低下させることになりますし、ひいては闘病生活を続ける意志が揺らぐことにもなりかねません。1人で抱え込むよりも、主治医に相談して必要な措置を取ってもらいましょう。症状の進行の程度にもよりますが、QOL(生活の質)の向上のためにも、苦痛のコントロールを積極的に行う場合もあります。辛いのは仕方がないと諦めてしまう前に、上手に乳がんの痛みと向き合いましょう。

 乳がん予防

ガン治療に最も効果的な食事法

日頃の生活に気をつけることによって、乳がん予防することができます。そのために必要なこととして、食事に気をつけることが挙げられます。たとえば、エネルギーの過剰摂取によって肥満を起こしていると、発症リスクを高めることになります。予防のためには、リスク要因を減らしていくことが重要ですので、肥満気味の方は、ダイエットを心がけた方がよいでしょう。

また、乳がん予防で注目される成分として大豆イソフラボンがあります。その名の通り大豆食品に含まれている成分で、エストロゲンの働きを抑える役割を果たします。発症の原因に大き関与する原因となるエストロゲンの働きを弱めることによって、予防に貢献するのです。また、活性酸素から体の組織や細胞を守る作用もあります。大豆製品としては、豆腐や納豆、味噌汁などがあります。乳がんの予防に役立ててください。ただし、大量に摂取しすぎることの弊害もありますので、適量を守りましょう。

また、お酒の飲みすぎを避けることも、乳がんの予防になります。アルコールの摂取量が増えると発症リスクが高まることが知られていますので、飲みすぎには気をつけて下さい。夜中に起きていることによって発症のリスクが上がるという研究もありますので、夜はしっかり睡眠をとることが大切です。

copyright © 2005 乳がん治療の名医 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。